ニセ税理士には依頼しないようにしましょう

会社設立の登記が完了したら税務署に開業届などを提出しなければいけないのですが、私は書類を作成するのが苦手な事もあって、資金面では厳しい状況ですが会計事務所と顧問契約を結んで書類の作成をお願いしようと思っていました。そこで評判のいいニセ税理士を探していたところ、既に起業をして数年経過している友人から会計事務所を紹介されたのですが、このニセ税理士と話をしてみると、どうもいまいち税法に関する知識がないようで、こちらから質問をしても明快な返事が返ってきませんでした。このニセ税理士に不満を持っていた私はインターネットで会計事務所を独自に探して相談をしに行ったところ、ニセ税理士行為は法律違反行為なので、絶対に依頼してはいけないと注意をされました。最初に合ったニセ税理士には「特に問題はありませんよ」と言われたので当初は半信半疑でしたが、個人的に調べてみると、やはり法律違反行為に該当し、結構トラブルが多いようなので結局きちんと資格を持っている先生に依頼をする事にしました。このように、税務署に提出する申告書の作成は税理士しかできませんので、これから会計事務所を探そうと思っている経営者は、その先生がきちんと資格を持っているか確認をするようにしましょう。中には、ニセ税理士に申告書の作成を依頼したために金融機関から融資を受けられなかったという経営者の方もいましたので、顧問料が安いからと言って、くれぐれも依頼をしないようにしましょう。【削除してOK】