利益目標を設定して結果を分析する事が重要です

週末起業をする場合、あくまで本業の収入を補えれば良いと思っている人が多いですが、最終的に本業を辞めるかどうかは別として、経験上、週末起業とはいえ明確な利益目標をもって事業をする事が大切だと思います。

なお、ここで売上ではなく利益に限定している理由は、いくら売上が増えても利益が確保できなければ事業を継続していく事は週末起業とはいえ難しいですし、利益が出ていなければ当然資金繰りも悪くなってしまい、結果として金融機関などから借入をする必要が出てきます。

どの位の利益金額を目標にするかは事業内容や置かれている環境によって異なりますが、個人的には本業を辞めたとしても週末起業の利益だけで生活できる金額が目安になると思いますが、借入をしている場合には、その借入金の返済金額を利益目標にするのも良いと思います。

いずれにしても利益目標を設定しないと、今の状況が良いのか悪いのか判断する材料がありませんので、その利益目標が達成できる可能性があるかどうかは別としても必ず年度ごとに設定して、達成できなかった場合には、そもそも設定金額が誤っていたのか、どうして達成できなかったのかを分析する事が必要であると考えます。

ここで気を付けなければいけないのが、ただ結果を見るだけではなく、きちんと結果を分析する事が重要だという事です、計算された数字はあくまで結果を表すものなので、むしろその数字を今後の週末起業に生かす事が重要になります。